その他の山岳医療情報

山小屋でのAED

山小屋でAEDが作動しなかった、という話を聞いたことがあります。

《AEDが作動しない場合とは?》
  ● 起動しない(電源が入らない)
      ・スイッチボタンの故障
      ・蓋を開けるとONになる機種では、蓋の故障があれば起動しない
      ・バッテリー切れ
      (事前のセルフチェックでは、スイッチや接触等の確認が困難)
  ● 作動しない(電源は入るが、作動しない場合)
      ・パッドの断線
      ・パッドが乾燥している
      ・心停止(心停止には作動しないようプログラムされています)

《AEDの保守点検は?》
  基本的には、保守契約は依頼をした場合のみ、有償にて行われます。
  AEDの場合、保守契約はほとんどありません。それはAEDが自己診断機能を有して
  いるためで、事前に異常があれば音などでのお知らせがあります。以上より、メー
  カーメンテナンスはあまり意味がなく、いかに管理するかが問題になります。

《AED故障予防・早期対応策》
  ●設置場所
      ・断熱が悪く結露の生じる場所には置かない。
      ・異常音が確認できる場所に設置する。
      ・鍵のかかる場所へは置かない。
      ・誰の目にもとまる場所に設置する。
  ●管理
      ・毎日、警告ランプ・警告音が鳴っていないかの確認をする。
      ・パッドの予備は必ず用意しておく。(パッドの数は最低2枚)
      ・パッドの使用期限、バッテリーの使用期限は、外観からでも1目で分か
       るよう工夫する。(バッテリーは、予備を置いておいても自然放電しま
       すので、あまり意味がありません)

最低でも上記管理が出来ていれば、使いたいときに使用できないと言うことは、どの機種でも共通して防げます。また、AEDは心停止には作動しません。心室細動という致命的な不整脈にのみ作動します。(一部の機種は心室頻拍にも作動します)。
より多くの方たちに知っていただきたいですが、最低でも管理者は、心停止でAEDは作動しないことを知っていただき、心肺蘇生法の習得を広く認識いただくことが重要になります。

目次へ戻る

次へ