IKARによる低体温症の現場での治療勧告

The Medical On Site Treatment of Hypothermia
(using Swiss Society of Mountain Medicine 1998)
IKAR 1998  edited 2001

IKAR (国際山岳救助協議会)による
低体温症の現場での治療勧告 1998, 2001編

Bruno Durrer, Hermann Brugger, David Syme
Intended for First Responders and Emergency Physicians

訳(文責):UK DIMM 大城和恵 2010.12.1

(1) 序文

怪我を負うと低体温症のリスクが増加する。山でおこる低体温症の共通した病因は、高所・風への暴露である。
この勧告は、多くのレスキューステーションを有するヨーロッパアルプスに適している。他の地域ではその地域ごとの救助組織や医療設備にこれらの勧告を適応させなければならない。
ここでは、現実的な救助と、非医療従事者が救助する際の指示として、低体温症を5段階にステージングしている。評価項目には、意識の程度、震えの有無、心臓の活動性、核心温を用いる。山岳事故では、可能であれば核心温が計られるべきである。核心温が異常に早く低下する場合は、重大な外傷が隠れているか疑ってみること。

低体温症を疑ったら何を診るか?

・意識の程度
・震え(Shivering)の有無
・心臓の活動性
・核心温(Tco) : 計れたら

温度測定で加味すべきポイント

 食道温:食道は大動脈の裏にあり核心温を反映する 
 直腸音:タイムラグがある
 鼓膜音:末梢で循環がよくない部位であり、かつ環境の影響を受け低くでてしまう


外傷時には、異常な速度で体温は低下する

ステージング

目次へ戻る

次へ