アラスカ州寒冷障害へのガイドライン2003(2005改訂)

(7)雪崩救助 -1.はじめに

  • 全般に、雪崩死亡の80%が窒息、10-15%が外傷、5%が低体温症に起因する。
  • これまでに最も詳細な雪崩埋没の研究は、422名の埋没者についてなされ、43%が生存していた。 もし犠牲者が埋没15分以内に救出されたら、生存チャンスは92%である。しかしながら、埋没後15-35 分では、生存率は急速に30%に低下する。35-90分の間では、生存曲線はほぼ水平となり、90分後 に再び低下し、130分後には生存率は3%となる。
  • 最初の15分間の生存率92%は、これまで考えられていたより高かった。15分以内に救出された123名の犠牲者のうち、8名が死亡した。そのうち2名のみが窒息死であった。残りの6名の死亡は致命的な外傷によるものだった。続く20分(埋没後15-35分)の急速な生存率の低下は、窒息、主に、air pocketの無い犠牲者を反映している。35-90分の間の水平な生存率は、air pocketがあるためにこの間は生存しており、死亡のリスクは低い事をしめしている。雪による保温効果は急速な低体温症の進行を防いでいる。90分後に生存率がさらに下方に傾くのは、air pocketは存在しているが外界からは閉鎖されているため、犠牲者の死が始まる事を反映している。
  • 埋没後最適な15分以内に犠牲者を救出する為に、犠牲者はその仲間によって位置が同定され救出されなければならない。通報、人員招集、訓練を受けた救助者が現場に到着するまでには、時間がかかってしまう。バックカントリーへ行く者は、雪崩捜索、救助技術を知らなければならない。シャベル、折りたたみ式プローベ、ビーコンを携帯し、使い方を知っているべきである。彼らはair pocketの重要性と雪崩に巻き込まれた時にair pocketをいかに作るかを教わらなければならない。しかし、この情報とこれらの技術のを身につけうることは、安全の誤解を招きうるかもしれない。なにより大切なのは、危険な雪崩地形や状況を判断し避けることである。

注:本ガイドラインは1994年のデータに基づいており、埋没から15分以内の生存チャンスは92%となっています。その後のデータの蓄積で、2001年に、最初の18分で91%の生存が得られる、と報告されています。(注:UK DIMM 大城和恵)

目次へ戻る

一つ前へ戻る

次へ