活動報告

山岳パトロール【羊蹄山】低体温症にならない工夫

2012.05.08

平成24年5月5日、羊蹄山(真狩コース)へ、北海道警察山岳遭難救助隊による山岳パトロールに、ご一緒させて戴きました。

前夜から雨。
真狩コースは:前日から1名の登山者あり。下山はまだ。

雪の残る春、雨、となると、低体温症予防が大事です。


私が実施した低体温症予防ポイント
 雨に濡れると冷える⇒ゴアテックスで雨をできるだけ隔離
             ・・とはいっても、腕裾・襟はきちんと閉める(でも水は入りやすい)
             ・・長い髪は、縛ってフードや帽子にしまう
 体が濡れると冷える⇒速乾性の下着を着用
             ・・汗をかく、雨が入り込むことを想定し、乾き易いもの
             ・・女性は下着の素材に特に注意
          ⇒汗をかかないペース 
             ・・ゴアテックスは蒸気は抜けるが、汗の水滴は抜けようがない
 熱を産生させる⇒カロリー補給
 脱水予防⇒水分・塩分補給
 冷えた場合⇒化繊素材の保温着を持参
       (ダウンは濡れると保温性がかなり下がるが、化繊は濡れても絞れば保温効果あり


予防結果

 薄い速乾性のアンダーウェア+ゴアテックスのカッパ、で登る。
 やはり汗ばみました。
 しかし、アンダーウェアの素材は素晴らしい
 稜線で風にあたり冷えてきても、その頃には乾いていました。
 衣類が乾く時に、熱を奪われるので、補給しておいたカロリーが役に立ったと信じています。

 今回の私のアンダーウェア:ファイントラックの下着モンチュラのシャツ Run Zip⇒良かった〜



登山口に、パトロール実施の旗をかかげました
真狩登山口


真狩コース登山口の積雪状況
登山口積雪


一瞬青空と視界に恵まれます
青空


モヤの中〜外輪到着
外輪


1名の登山者、無事に下山。
我々も、無事に下山しました。