活動報告

富山県警山岳警備隊見学させて頂きました

2011.10.20

2011年秋、富山県警山岳警備隊さんを見学させて戴きました。
北アルプスを擁する富山県では、北海道と山岳遭難がどのように違うのか、山岳遭難の状況、警備隊のご活躍とご活動を見学し、向学の機会を戴きました。
室堂にある派出所に2泊、国立登山研修所の訓練に1日お邪魔させて戴きました。
士気の高い皆様の集まりに、大変感激しました。気さくに声をかけていただき、あたたかいお人柄にも触れてまいりました。なによりカッコヨカッタです!

富山県も北海道同様、転倒・滑落事故が多いのですが、北アルプスのような山域では、それが死につながる危険が高いことがわかりました。また北アルプスは標高が高いですので、高山病の発生がある点も北海道とは異なりました。
派出所では、足首の捻挫、頭部外傷・橈骨骨折、の傷病者に遭いました。これらは道内でも起こり易い怪我で、応急処置の普遍的な内容を再確認することもできました。

貴重な3日間を過ごすことができました。
富山県警山岳警備隊の皆様、大変ありがとうございました。

室堂派出所