活動報告

北海道警察山岳パトロール『旭岳』同行させて戴きました

2011.07.27

平成23年7月23、24日、北海道警察山岳救助隊による山岳パトロールに、国際山岳医として同行させて戴きました。

北海道警察HP正式報告こちら

旭岳はさすがに登山者が多かったです。
今回は、脱水予防と転倒予防に注目させて戴きました。

若い世代、大学生グループは、非常に柔軟で、こちらからの脱水予防の説明に、大変素直に耳を傾けて下さいました。
残念ながら、遭難事故の多い中高年の方からは『私は30年も登っているからわかってます』『飲んでいますから』と、"けんもほろろ"なこともありました。私の言葉は、余計なお世話になっていたのでしょうか。

脱水には、 水分塩分の不足、両方を補う事が大切です。
夏の登山で、体から失われる水分全てを、山行中に飲んで補えません。基本的に不足します。十分な水分補給をするには持ち運ぶ水の量が多すぎて、荷物が重くなってしまいます。
理想的には、行動中に2リットルの水+塩分、行動前後にさらに補給、これでかなり脱水の予防ができます。
どうぞ皆さん、誰もが程度の差は有れ、脱水になっていることを、よく知って下さい。

健康と安全への自負は、大変危険です!
正しい知識を身につけ、知識を実践して下さい。

 知識の補給は"山の医学ハンドブック"こちらをご覧下さい。

皆さんが、元気に、無事に登山を終えられる事を願っております。

旭岳パトロール 分岐

旭岳パトロール お鉢